So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

おんなの家が近づいてきた! [ニッキ]

気が付けば、8月ももう終盤。夏が終わろうとしています。
今年の夏も不順な気候で日本の各地、特に九州に災害をもたらしました。
皆様の日常生活は大丈夫ですか?
被害にあわれた方々、とても大変だと思いますが、
一日も早く、平穏な日々になられますことお祈りしています。


そうこうするうちに
ニッキ出演、明治座10月公演の「おんなの家」、刻々と近づいてまいりました。
稽古は9月からでしょうか?
あらすじもアップされ、チケットの先行発売も始まりました。
みなさま、すでに入手済みですか?
チケットをゲットするともうすぐ感が高まりますよね。
公式の明治座の席とり君をのぞいてみた限りでは、
完売の公演はないようです。
良席ゲットは早いに越したことないと思いますので!

あらすじを読む限りでは、う~む、橋田ワールドのように感じられます。
どろどろした人間関係はあんまり好きじゃないので、とっても残念。
「渡る世間は鬼ばかり」は見ていないので正確ではありませんが、
せっかくの違う舞台設定なのですから、全く違う切り口で是非お願いしたいです!

東芝劇場でやっていた不定期れんぞのシリーズドラマの最終回には
ひがし君がゲストで出演していたようですね。
見ていたはずなのに全然覚えていませんでした(汗)
nice!(0)  コメント(1) 

ハッピーバースデイ[☆] [かっちゃん]

かっちゃ?ん!!
お誕生日、おめでとうございます[ぴかぴか(新しい)][バースデー]

ずいぶん、お会いしてない気がします。

かっちゃんの笑顔が見たいです。

かっちゃんが主演したどりじゃんのるひまが
この夏、
「向日葵のかっちゃん」(合ってるかな[あせあせ(飛び散る汗)])、
って舞台やるんですよ。
まさに、かっちゃんのためにあるような舞台なのにね。
目にする度にかっちゃんを思ってしまいます。

向日葵のようなかっちゃん、お日さまに向かって光をいっぱいに浴びて目をそむけることなく歩んでくださいね。

近々、お会い出来る日が来ること、
一心に願っております[ほっとした顔]

愛媛で演出?! [ニッキ]

今年の夏は暑い~!
ですね。。。
(今日は少し曇り空で気温が下がっているようですが。)

演出舞台、寝盗られ宗助(漢字大丈夫かな?)も、無事に幕を閉じ、
さぞや美味しい祝杯を飲まれたことでしょう。

飲み過ぎにはご注意され、
あのシュッとした体形をキープして秋の舞台に臨んでほしいものです。

コメントにもいただきましたが、
ニッキの来年の演出舞台が発表されましたね。
愛媛で1年間だとか。
坊ちゃん劇場のHPにも掲載されていますね。

書類選考は既に締め切っていて、近々、東京でオーデションがあるようです。
坊ちゃん劇場自体が1年間のスパンで上演する劇場のようです。
稽古期間の約1か月半は坊ちゃん劇場で稽古のようです。

う、う~ん?!
ってことは、12月11日~1月25日はニッキは愛媛ってことですよね~[がく~(落胆した顔)]

今年も隊活ないってことか…[もうやだ~(悲しい顔)]

うわぁ~、テンション下がる[バッド(下向き矢印)]

諦めきれず。。。 [ジャニーズ]

先週の元スマップ3人の退所のニュース
奇跡を信じていたスマップファンの心を深くえぐる物だったんでしょうね。

ジャニーさんの愛に溢れた言葉がとってもとっても素敵でした。

状況や気持ちは本人達にしかわかりませんし、
ましてや、ファンではない私には到底わかりません。

もしも、隊がスマップの状況だったら…、
スマップを隊に置き換えて思ってみました。

新聞紙上を買い取ってのメッセージ、署名、シングル曲の購買運動、
スマップへの思いをファンは身をもってメンバーに示してきました。
そのファンの思いに彼らは何一つこたえてくれていません。
自分たちをここまで引き上げてくれたのはファンあってこそなのに。
なんか、すごく哀しく感じます。

私はいわゆるジャニヲタではないので、
隊以外はほとんど興味がありませんでした。
この騒動時も、どちら派でもなく、
隊活が出来るようになるにはどちらの派閥が力を持てば良いのかなぐらいでした。

裏切り者と言われている方と共演したくないために
ファンの声を無視して最後の場まで拒否したんだとしたら、
エンターティメントのプロとして、あまりにもお粗末だと思うんです。
やろうと思えば最後のグループ活動も出来たはずなのに、
なんて、後味の悪い幕引き。
80過ぎの生みの親の思いまでも踏みにじるなんて、
あまりにも子供じみています。
ファンあってこそ存在出来るのではないしょうかね。

何か他の大きな要因があるのかもしれません、
もっと深い事がるのかもしれません、
実のところはわかりません、
わかりませんが、
私は彼らの出る番組、舞台は見たくないですね。

隊はどうなんだろう?
このまま自然消滅しちゃうのでしょうか?
やろうと思っても出来ない状態なのでしょうか。
私達が何かすることで出来る状態になるのでしょうか。
こんな、蛇の生殺し状態は我慢できない、
いっそのこと解散して欲しいって言われている方もいらっしゃるようです。

私はそうは思えないです。

可能性がある状態のまま、
希望の芽が摘まれない状態の方が
断ち切られてしまうよりも
ずっとずっと望ましいです。
隊を諦めきれないです。

ハッピーバースデイ [ニッキ]

今日はニッキの52回目の誕生日?
おめでとうございます[バースデー]
(間に合って良かった?[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

今頃、どこで、
どなたとお祝いしてるのでしょうね。
沢山の人が毎年、
パーティでお祝いしてくれるのも
ニッキの人徳のなせる技。
ファンとしては嬉しいですよね。
私達もニッキに直接お祝いを言える機会、
私にとってはニッキは永遠にスターなので、
ステージにいるニッキに
「おめでとう?」って言いたいのです140;1034
そんな日がどいかいつか来ますように[ビール]

ニッキと同じ時代を生き、
同じ青春を過ごせたこと、
本当に楽しくて幸せでした。
そして、これからは一緒に
老後時代を過ごせたら素敵です。
ほぼMCだけのコンサートでも
ウエルカム[exclamation]大歓迎です[exclamation][exclamation]

だけど、いまは
ベストパフォーマンスを
是非とも見せて下さい。
だって、
体型をキュッと
しぼられたらしいじゃないですか。
お知らせ、お待ちしています[ほっとした顔]

おんなの家 [ニッキ]

今年の春は気候が不順ですよね。
暑くなったり、涼しくなったり、とっても不安定で。
この気候に私の身体も対応できず、絶不調です。
歳もあるのでしょうが、なんともしんどい毎日です。。。

コメントのお返事もすっかり遅くなってしまいすみませんでした。
こんなポンコツブログを見ていただいた上に、
コメント寄せていただいたりしているのに、
なんとも、申し訳ありませんでした。

いつの間にか、5月も半ばになりました。
気が付けば、あと1週間あまりでニッキの誕生日ではありませんか!
その話題はまたその時に!
出来ると良いのですが…

10月舞台の「おんなの家」
どうも、聞いたことあるなと思って、
ググってみましたら、、、
東芝日曜劇場の単発ドラマとあるではありませんか。
杉村春子に、山岡久乃に、奈良岡朋子が姉妹で炉端焼き…
??(・・?
私、見てました!たぶん。

しゃもじに載せてお料理出したりしてたやつじゃないですか?

渡鬼よりはありがとうに近いストーリーで。

私、これ、好きでした!

確か、ゲストは毎回変わってて。

当時の出演者から考えると、
今回のキャストの役柄、
高島さんと熊谷さん、どうも逆のような気がしちゃうんですが。

せっかくの出演舞台なのに、
あんまり気分が盛り上がっていなかったんですが当時、好きなシリーズだったなの記憶も手伝い、
俄然、舞台が楽しみになってきました。[揺れるハート][るんるん]

いまさらの三太 でごめんなさい。。。 [ニッキ]

日本全国、桜の花の季節も盛りを過ぎてしまいました。
今年は桜がちょっと遅くて入学式に満開で良かったですね。
桜って新年度って感じがしますよね。
今年度はもう少し気力が満ちてくると良いな~と思ってはいるのですが、
歳をとるとなかなか難しいところもあって(よぼよぼ…)
心機一転!とはなかなかいきませんが、
出来るだけこんなポンコツブログに来てくださる方とニッキを共有できたらと思いますので、
今年度もよろしくお願いします。
さて、では遅くなってしまいましたが、
3月のニッキ演出舞台、「三太、かわら版売り」の感想などを…

この舞台は、日本放送 イマジンスタジオでの上演でした。
ニッポン放送といえば、最初に連想されるのは「抱きしめて少年隊」なわけですが、
ビルの綺麗さからすると、きっと当時はここではなかったんでしょうね。
そして、「イマジン」と言えば、
ジョン・レノンでもあるわけですが、このスタジオ名はあやかっているようです。
QTプロジェクト、無名の新人を育てるって趣旨にぴったりの、
舞台の見やすいこじんまりした、
そしてガラス張りなのに何か暖かい、素敵なスタジオでした。
ちょっと遠くなりかけている記憶をたどり、また、思い起こしながら、、、なので、
記憶違い・思い違いが多々あることをご承知ご容赦のうえで、お願いします。

いま一番残っている感想は、テンポがよく、
そしてとっても軽快でありながら、
適度にゆるさをもっていて、
とても楽しい舞台だったな、と。

長台詞の言い回しは、多少「つか臭」がしないでもなかったですが。
出演者の舞台への熱意にあふれた空間で過ごす時間はあっという間で、
もしかしたら今まで私の見たニッキ演出舞台の中では、
一番面白かったかもしれません。

市井に生きる庶民の日常生活の中の喜怒哀楽。
日々の生活の江戸っ子の粋。
な~んてものがちりばめられていました。
ニッキの好みのとってもありえないネタ、時事ネタなんてものはご愛嬌。
以下、内容にふれますが、
ちょっと時間がたっているため、
記憶も定かでなくあやふやな部分もあり、違っているかもしれませんが。。。

ぼてふりの人助は名前のとおり「人を助ける」存在でありたいと過ごす日々、
かわら版売りの三太はそんな庶民の生活をちょっと誇張しながら活字(?!)にしている。
老舗の魚中卸問屋(干物問屋だったか?)への
伊勢から江戸に進出してきた成金商人が仕掛けた乗っ取り事件を筆の力で真実を暴き、
世に知らしめ、悪人が成敗されるっていったあらすじだったかと。

「勧善懲悪」ではありましたが、
お上が前面に出てきて裁く「遠山の金さん」風ではなく、
また闇でお金をもらって仕事をする「必殺!仕事人」風でもなく、
町民が正当に筆の力で暴いた真実を世に知らしめ、
悪行の報いが悪いことをした者に返ってくる、
「お天道様はすべてお見通しよ!」って啖呵が聞こえてきそうなのも、とっても好みでした。
ニッキ舞台では影となり(裏方まで手伝ってらっしゃる)、
日向となり(もちろん舞台にも出演してらしゃる)
しっかり支えてくださっている主役の三浦さんがとっても良かったです。
客席参加型のニッキらしい演出もありで。

情報によると、初日・楽ではニッキ目撃情報がありましたが、
私の観劇日は、そのどちらでもなかったので、
ニッキを目撃することは出来なかったのですが、
でもでも、それを補って余りある、
演出家としてのニッキにも心から大満足の観劇でした。
どうせ演出するなら、ジャニに縛られない、
またつかさんを忍ばせない
外部舞台の演出をニッキにはもっとやって欲しい~

そして、そんなこんなしているうちに、ニッキの舞台情報もきましたね。
脚本・演出が橋田・石井コンビ…、
共演者もTBSの某番組と被っていて、、、
あれ~?出演者はかっちゃんじゃないの?と思ってしまいました。
私、この某番組かなり苦手で、
といいますか、
はっきり言えば嫌いな番組です。
最初のシリーズは見たのですが、
次のシリーズからストーリーストレス感じちゃって、
これは私はだめだと思い、
それからニッキが出演していたシリーズも含めて、まったく見ていません。
このコンビの作品、昔のは好きだったんですが。。。
ってことで、今回の舞台、ちょっと考えちゃってます。
演目名もなんか嫌…
う~ん、どうしましょう。

追伸 せっかくコメントいただきながら、
   コメント返しが大変遅れており、申し訳ありません。
   なるべく、近々にさせていただきますのでご容赦ください…

前の7件 | -